カテゴリ:◇大切な言葉◇( 4 )

 

あたたかい愛に満たされて生きる本

d0053175_16524312.jpg
精神科医の越智啓子さんの本。
本屋さんで、越智さんのソウルメイトの本を読んで「あっ、この人の本は読まなきゃ!」と感じたんですが、その日は自転車でさらに荷物が多かったので買えず・・・。
後から図書館で越智さんの本を検索して、この本を借りました。
なんというか、すごーく温かい本ですねぇ。

子育て中のお母さんの中には、自分はどうして子どもに優しくできないんだろう、愛が足りない、と思ってる人が多いんだそうです。
何を隠そう、私もその一人。
二男には、たっぷりの愛情を注げるのに、長男にはついつい厳しくしてしまう。怒ってしまう。
そんな自分が嫌だな・・・と、ずっと感じていました。

でも、越智さんの本には、「それは愛が足りないんじゃない。愛はあふれているんだけど、その表現の仕方を知らないだけ。安心して」と書いてありました。
人は自分が親から受けた愛情表現しか、子どもにしてあげられないんだそうです。
ファミリーチェーン(連鎖)なんですね。
私は、次女だったから親には優しくされた記憶があるのですが、長女である姉はとても厳しく育てられました。
その記憶が、私の中にあって、息子たちにも同じことをしてしまうのかもしれませんね。

意識すれば自分は変えられる。
越智さんの本を読んでいると、そんな気分になります。
あったかくて、いい本です♪

[PR]

by anjyu14 | 2007-05-23 16:52 | ◇大切な言葉◇  

魂の約束

mixiのコミュニティで素敵な詩に出逢いました。
転載フリーとのことでしたので、ここに掲載させていただきますね。

作者の醍醐さんは、学校の国語の先生だそうです。
こんな詩を書ける先生とであえたら、子どもにとって
すごい財産だろうなぁと思います。

---------------------------------------------------------------

「魂の約束」 醍醐千里


私たちは生まれるとき、神様から魂をいただきました。
みんなその魂を、自分の真ん中においています。


魂は磨けば磨くほど光ります。



漢字の練習を一生懸命しました。
魂は昨日より光ります。


電車でおじいさんに席をゆずりました。
魂は昨日より光ります。


弟におやつをあげました。
魂は昨日より光ります。


今日はごめんねが言えました。
魂は昨日より光ります。


あの人にありがとうが言えました。
魂は昨日より光ります。


努力したり、がまんしたりすることは
魂を磨きます。



けれど
努力したり、がまんしたりすることだけではなく、
楽しいこと、うれしいことも、
魂を光らせることが分かりました。


友だちと楽しく大笑い。
魂は昨日より光ります。


誕生日のプレゼント。
魂は昨日より光ります。


楽しいことやうれしいことも魂を磨くと知って、
私はなんだかホッとしました。



ある日、そうじをさぼって友だちと遊びました。
友だちと楽しく大笑い。
けれどその日、自分の中の魂を見て驚きました。


あんなに楽しく笑ったあとだったのに、
魂は、光るどころかくもっているのです。



ある日、友だちからネックレスをもらいました。
お店から盗ってきたネックレスだと言います。
ほしかったものなので、
よく考えもせずにそれを受け取りました。

  
その夜、魂を見てみたら、その日もまた魂は、
昨日よりくもっていました。



ある日、一人が言いました。


ねぇ、あの子、はぶかない?
あっという間に、その子はひとりぼっちになりました。
私は、その子をひとりぼっちにさせる側にいました。
その輪の中で私には、急に仲間が増えました。
新しくできた仲間とともに、
おもしろおかしく過ごしました。


そんな日々を送る中、
私は久し振りに、自分の中の魂を見てみました。


私の魂は真っ黒になっていました。
私は、自分の魂の色を見て、
とてもおそろしくなりました。


楽しいこと、うれしいことの中にも、
魂をくもらせること、
魂を濁らせることもあると分かりました。



楽しいこと、うれしいことには、
2種類あると分かったので、
これからは、
気をつけていかなければならないと思いました。


     *


毎日魂を磨き、
毎日魂の様子を見ているうちに、
私は不思議なことに気がつきました。



磨いたつもりのない日でも、
魂の輝きが、増しているときがあるのです。


そういう日の一日を振り返ってみると、
その日は、きれいな花を見たり、美しい夕焼けを見たり、
そういう日だったことが分かってきました。


映画を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり。


そういうことでも魂を、磨くことができるのです。


楽しいことやうれしいこと、
目にした景色や、聞こえてくるメロディ、あたたかな言葉。
その日その日のなんでもないことも、
私の魂を磨き続けてくれたのです。



     *


できるだけ魂を光らせようと、毎日を送っていましたが、
ある日、私は少しだけ疲れてしまいました。


夢の中で私は、神様に会いました。


夢の中で私は、神様に聞いてみました。


神様、私はいつまで魂を磨けばいいのですか。
私の魂は、いつ完璧に美しくなるのですか。


神様は言いました。


あなたは、あなたの最後のひと呼吸まで、
魂を磨き続けなさい。
みんなその約束をして、地上に生まれているのですよ。


でも、神様、磨き終わらないうちに、
最後のひと呼吸がきたら、
どうすればよいのですか。


心配しなくて大丈夫。
あなたの魂は、最後のひと呼吸のとき、
必ず、最高の光を放ちます。


神様、私にはその自信がないのです。


あなたは、毎日魂を磨いています。
だから大丈夫。
最後のひと呼吸のとき、
魂はそれまでで一番美しい姿を見せてくれます。
何も心配いりませんよ。
あなたの魂は毎日、昨日より輝きを増しているのです。

ときどき、自分の魂を、離れたところから見てごらんなさい。
あなたの魂があなたの体を越えて、
まわりに光を与えていることにも、
気づくことができるでしょう。
このごろでは、あなたの魂の輝きで、
道を明るくする人も増えてきました。


さぁ、戻って、魂を磨いてきなさい。
毎日を楽しくうれしく感謝の気持ちで送るのですよ。
そうするとあなたの魂は、キラキラと光を強くしていきます。


あなたがここに来るのは、まだまだずっとずっと先。
あなたの人生を、楽しんでいらっしゃい。


あなたがどんなに素晴らしい魂を持って、ここに帰ってくるか、
私はそれを楽しみにしています。



     *



目が覚めた私は、
それまで気づかなかったことに気づきました。

昨日より今日。
今日より明日。


私の魂は輝きを増し続け、毎日新しく生まれ変わります。
そして必ず、その日の魂が1番光る魂。


少しの努力、少しのがまん、
そして
うれしいこと、楽しいこと。
日々の中に散りばめられた美しいもの。



神様との約束を思い出したので、
私は、なんにも心配しないで、
毎日を送っていくことができそうです。


なんにも心配しなくても、
私の魂は、昨日より光ります。


光り続けます。
d0053175_13212563.jpg
[PR]

by anjyu14 | 2007-05-08 13:23 | ◇大切な言葉◇  

オーラの泉

d0053175_14111511.jpg
オーラの泉が昨日から、ゴールデンタイムの放送になりましたね。
水曜の深夜という時間帯が、寝る前にゆっくり見ることができてお気に入りだったので、今後はちゃんと見られるかどうか少々不安です。
(子どもたちが、元気いっぱいの時間帯なので)


 蓮の花の値打ちは 泥の中で育っても
 美しい花を咲かせること
 悩みや苦しみは 自分を鍛えるチャンス
                   by美輪明宏さん


世の中の汚いこと、間違ったこと、納得できないこと、自分の中の嫌な部分。
そんな泥の中で、自分を磨くことが人生なのですね。
泥水を吸っても、白い花を咲かせることができる蓮の花。

また来週もがんばろう。いいお言葉でした。

[PR]

by anjyu14 | 2007-04-22 14:19 | ◇大切な言葉◇  

夜回り先生の言葉

d0053175_12345445.jpg

弱い自分を見せてください。
ひとりでも多くの人に見せてください。
そのとき優しく受け止めてくれた人が、
あなたの本当の友達です。    
      by夜回り先生・水谷修 
      ~「HAPPY名語録」より引用~


何度も読み返している、「HAPPY名語録」の中の言葉です。
私自身そうですが、人に弱みをみせることって、なかなか難しいです。

この前テレビで「あいのり」を見ました。
普段は見ないこの番組。なぜか、たまたま見たのですが、
一人の女の子が、ダイエットをしてるからと、自分だけ水を買いつつも
食事もみんなと同じようにしている・・・ということで、他の子たちから責められてしまうんです。

その女の子いわく、慣れない国でストレスがたまって、暴飲してしまった。
でも、弱みを見せるとみんなにひかれちゃうから・・・
と泣いてました。

うーん。弱い自分を見せることで、みんながひいてしまうと考えるのは
とってもつらいことですよね。
強い人じゃないと、弱い自分は見せられないということなのでしょうか。

私は、自分の子どもが弱音を吐いたときに、ちゃんと受け止めて
あげているかな・・と考えてしまいました。
小さい頃に、ちゃんと受け入れられた経験がないと、大きくなっても
人とちゃんと向き合えないのかもしれないですよね。

夜回り先生の言葉は、不安定な若い子たちにきっと響くでしょう。
温かくて、強い言葉です。

[PR]

by anjyu14 | 2007-04-19 12:54 | ◇大切な言葉◇